仕事探し

Zoomに不慣れな50代。迷ったら詳しい人に聞くのが一番!

コロナの影響で新しい暮らし方が始まって以来、欠かせなくなったのは「これまで対面でしていたことをオンラインで行う」ということです。子どもの学校などは、とても早い時期からオンラインを開始し、戸惑うことなく軽やかにZoomの暮らしに慣れていく息子に対して、不慣れな私は「オンライン保護者会」にあたふたしてしまいました。

Zoomとは「複数人での同時に参加が可能」なビデオ・Web会議アプリケーション

本来ならば大勢の人がひとつの場所に集まって行われるミーティングですが、コロナでそれが出来ない今、Zoomを使えばオンライン上で可能になることから、ビジネス、学校、などをはじめとして利用が爆発的に広がりました。

Zoomのメリットは、PC、スマホ、タブレットなど、自分の一番使いやすい機器でインストールで出来、電話でのミーティングや会議が可能なところです。Windows、MacOS、Android、iOSなど、あらゆるOSに対応しているのも特徴で、これがZoomがここまで広がったと言われる要因でしょう。

いたるところでオンライン「Zoom」が使われている

「パソコンの画面越しに話をするなんて苦手〜」と思っていた、コロナ禍の始まりの頃。それからテレビでは、出演者の数人がオンラインで参加する姿が当たり前になり、学校関係では、オンライン授業はすっかり定着し、通常授業が始まってからはオンライン文化祭というものも開催されました。

銀行へ行って、窓口の人に説明を聞きたいと伝えたら、画面越しにオンラインで相談をするということもありました。この流れは今後さらに増えそうです。

娘などはオンライン飲み会も頻繁に行っているらしく、制約の多いコロナの中でも楽しみを見つけ出していく若い人たちの柔軟性に感心させられました。

50代。Zoom初心者。使ってみるといろいろなトラブルが

ところがです。実際に自分が使ってみる段階になると、これがなかなか子どもたちのようにはいかず戸惑うのです。パソコンからZoomのアプリケーションをダウンロードする。ミーティングの相手からIDが送られてくるのでそれを入力してミーティング画面に入る。ここまでは簡単。

そこからZoom初心者が実際に使い始めると、いくつかの問題が持ち上がります。Zoomの画面を見ることが出来るのは相手との打ち合わせやミーティングなどが始まってから。そこから「あ!」と思うことがあっても、移動することが出来ず、なんだか落ち着かないままミーティングをすることになってしまうのです。

Zoomの失敗談

自分の顔がちょうど良い位置で画面上に映らない(高さ調整が出来ていないと、上から見下ろすようになり、怖い人になってしまいます。この調整に意外と時間がかかる)

○PCをセットする場所によっては画面が暗くなりすぎる(壁際にノートパソコンを持って移動したら天井の照明から遠く、暗い画面になってしまいました)

○背景で生活感が丸見えになってしまう(せっかく壁際に移動したのに、横に見られたくない子どもの学校のプリント類が見えてしまった)

○使い方がわからなくなっても、誰にも聞くことができない(操作方法がわからず、音声が入らないということがありました。え?どれ?どうしたらいいの?と思うものの、ミーティングはどんどん先に進んでいきます。これは焦ります!)

これからも必ずZoomを使う機会はある。まずはプロに教わってしまおう!

そもそもZoom の使い方がわからないという超初心者の方から、Zoomをビジネスとして使いたいけれどどうしたらいいの?という方、Zoomでお洒落な背景を作って欲しいという方、ココナラに登録して、疑問や悩みを詳しい人に相談してみませんか?1分以内で登録完了。会員登録は無料です。



通っているパソコン教室でも、これから数回はZoomでオンライン授業があるとか。画面の高さ調整をきちんとしておかないと、テキストを開きつつ目の前の画面上の先生と会話しながらの授業が成り立たなくなってしまいます。ここは基本をしっかり押さえておきたい。

まず詳しい人から「Zoomの扱い方」を習ってしっかりセッティングしておきましょう。そうすればこの先Zoomがどんなに増えても、堂々と参加できることでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です