仕事探し

50代、元専業主婦の再就職。面接はどんな服装で行ったらいいの?

数十年ぶりの就活。手始めに応募したコーヒーショップ勤務の夢は、電話面接だけであえなく散りました。落ち込んだものの、切り替えの早い私は第2手としてずっと憧れだった台所用品を扱うお店で働きたいと思いました。ちょうど事務職のパート募集が出ています。これだ!と思い履歴書に自分の思いを込めまくって郵送しました。

程なく面接の連絡が。「やった!」でもここでふと立ち止まります。「あれ?何着て行ったらいいの?」慌ててネットで調べてみるとガチガチの就活スーツでは、50代は逆にイタイ人になりかねません。

と書かれているではありませんか!なるほどね〜。最初から就活スーツを着る選択肢はありませんでしたが(そもそもスーツが体系的に似合わないお年頃)しかも面接時は真夏。みなさんどうしているのでしょう。

とりあえず自分らしさを忘れないように、綺麗めパンツとブラウスで行きました(ジャケットは着ませんでした)。面接したオフィスはそれは素敵な空間で、こんなところで働けたら気分いいだろうなと思わせる場所でした。

面接官の方は私より少し歳が若いかもしれませんがほぼ同世代のようでちょっと安心。あんまり若い男性とか出てきたらどうしようと思っていたので。

履歴書を見て「これまで働かれた経験はほとんどないんですね」と言われ「実際働き始めたら、20代の人に色々教えてもらうことになりますよ、そこは大丈夫ですか?」「パソコンは普段マックを使われているんですね。うちはWindowsですが大丈夫ですか?」などなど質問されました。

全て問題ありません。50代でも私は新人ですから年下の方にもきちんと教えていただきます。Windowsも昔使ったことがあるので大丈夫です。

最後の方はだんだん自信がなくなってきたような・・・でも緊張しながらも終始笑顔で楽しく面接が終わりました。その後ドキドキの2週間を経て、電話がかかってきました。

「申し訳ありません。やはり今回は採用を見送らせていただきます。他に経験者の方がいらっしゃったので。」

やはりそうきますよね。50歳。資格無し。20年以上職歴無し。若くて有能な人にはかなうわけありません。でも経験者って・・・。経験者になるには経験させてもらわなくては、なれないんですよ。その経験のチャンスもこの歳になるともらえなくなるものなのですね。

夫が「社会に出て働いてみろ。今までどれだけ守られていたかわかるから。」と言った言葉が頭をグルグル回ります。悔しい!!!!!

もっと早くから職探しをしていれば良かった。将来を見据えて資格を取る勉強などをしておけば良かった。この時はちょっと凹みました。でも落ち込んでばかりもいられない。だって私には時間がないんだから。

こうなったら自分の知らない会社でも、興味のある会社に募集してみよう。
こうしてアルバイト情報や派遣情報を見つづけることになるのでした。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です