離婚前後

そうそう!と思わずうなずいてしまったモラハラ記事

私たちの熟年離婚の原因は間違いなくモラハラです。

モラハラ=モラルハラスメントとは「モラル(心に働きかける)ハラスメント(嫌がらせ)」と言う意味で、『相手に精神的なダメージを与えることを目的とした「加害行為」』と言われているそうです。

「加害行為」って字で見るとなんだか恐ろしいですね。でもモラハラって、夫婦2人の間に起こることは特に、人に説明するのが難しい。その夫婦ごとにモラハラされる原因や言葉が違うのですから。だから、この記事には激しく同感してしまいました。

・常にイライラしている
・人前で馬鹿にする
・責任転嫁し人のせいにする

これらは本当に我が家の場合に当てはまります。

離婚してもいまだに顔を合わせたり電話では、相変わらずのモラハラ炸裂。離婚しても子どもがいる限り連絡を取らなければならないことも多く、きっと死ぬまで治らないんじゃないかと電話を握り締めながら深いため息をつくことも度々です。

だけど離婚前と今は気分的に少し違います。

そもそもそんなモラハラ夫に関わるのは時間の無駄、用件はさっさと済ませ、後に引きずらない。そして、モラハラを受けた身だからこそ、自分は決して人にそんなモラハラはしないと決め、前を向いて日々進んでいこうと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です